20世紀デザインシリーズは切手買取店に売りましょう

数ある切手の種類の1つとして、20世紀デザイン切手があります。20世紀デザインシリーズは全部で17種類で成り立っており、1999年から2000年に発行されたものです。小型シートであれば50円分が2種類、80円分が8種類の構成となっており、発行数は700万枚ほどの数量となります。夏目漱石の図柄として贈呈用に発行された種類のものも存在しており、希少性の高いものとして人気があります。松目漱石の贈呈用シートに関しては、発行枚数が1000枚ほどとなっていますので高値で取引が行われています。20世紀デザインのものを持っていてそのままの状態にしているのであれば、専門の買取店に売却することで数千円から数万円ほどの価値があると言えます。未使用の状態のままで保管されている贈呈用シートであれば、10000円を超える価値がありますので、今後活用する機会がないと感じているであれば今のうちに売却してしまうことがおすすめです。全国的に出張査定を行っている専門店がありますので、どこの地域に住んでいる人であっても手軽に査定を受けられるようになっています。査定依頼の手続きとしては、ネットや電話から行うことができますので、店舗に1度も来店しなくても手持ちの品物を売却できます。切手をコレクションしている人は日本中にいると考えられており、その中で注目されている種類として20世紀デザインのものがあります。20世紀デザインシリーズは発行されていた期間が限られているものですので、希少価値の高さから持っているときには専門店で良い価格で売ることができます。20世紀デザインシリーズは第一集はみだれ髪、第二集は明治から大正へ、第三集は東京駅開業という時代を表わす作品となっており、古き良き時代の日本を反映する内容となっています。現代においても高い価値を持っていると判断されますので、コレクションしている人も多く、手放すのであれば専門の切手買取店に売却したほうが高値の買取価格を付けてもらえます。贈呈用シートが一番高い人気を誇っており、使用済みの場合であっても買い取ってくれることが考えられます。未使用品であれば使用済みよりも高値の価格が付きますので、持っている人の場合には綺麗な状態を維持しておくことがおすすめです。専門店での査定では少しでも状態が良いものほど、買取価格が高くなりますので、同じ種類のものであっても保存状態に気を付けておくことが大切です。
どのぐらいの価値があるのか調べたい人は此処から確認!