切手買取りの豆知識、アンティーク切手の買取り

最近の切手はデザインが綺麗、可愛らしい図案が採用されている、色遣いが綺麗で郵便などに使いたいなどの理由からも郵便局で発行される記念切手や特殊切手を購入される人も多くなっていますが、切手は郵便物に貼り付けて利用する以外にも、集める楽しみも在ります。
現代では切手収集をする人の数が減っているため、切手のコレクション価値自体が低迷していますが、アンティークとも言われている切手ブームが起きる以前のアンティーク切手は切手買取りでの査定評価を高めてくれます。
切手には四隅に目打ちと呼ばれているミシン目から切り離した時に出来るギザギザが在りますが、これはバラ切手のみに在るもので、切手がシート状になっている時には目打ちはミシン目の状態になっており、切手自体が破れてしまうなどを防止する事が出来ます。
この目打ちと言うのは切手収集において大切なものであり、切手買取りの査定の中でも重視され易い部分になるため、売りたいと言った場合にはストックブックに収めた状態で持ち込む事で、目打ちが傷む事無く査定に出すことが出来ます。
また、古い時代の切手になると長年の保管で裏面の糊が剥がれてしまったり、日焼けしてしまう事も在りますが、これらは経年劣化で生じるものであり、希少価値が高いものであれば高い評価を得る事が出来ます。
アンティークと言うのは金銭的価値の在る品物と言った意味が在りますが、一般的には古美術品や骨董品などになりますが、切手においても金銭的価値の在るものをアンティーク切手と言います。
記念切手、特殊切手と言うのは発行枚数が決められているのが特徴で、発行枚数が少なく現存数が少ないものなどの場合、希少価値が高くなると同時に金銭的価値を有する事になります。
長い歴史の中で、関東大震災や戦争と言った事変などにより現存数が激減している切手も多くあり、切手買取りの中では希少性が高い事からも評価が高くなりますし、古い時代の切手と言うのは長年の保管により劣化が生じてしまい、紙質についても現代の切手とは異なるため、傷みが生じやすく状態も悪くなるケースも多くありますし、日焼けや糊の剥がれ、目打ちが悪くなると言う状態になりやすいものです。
しかしながら、このような状態の切手でも現存数が少ないものと言うのは古美術品と同じく希少価値が高いお宝でもあり、切手に熟知している鑑定士が査定を行う事で高価買取りが可能になる事も少なく在りません。
尚、切手の買取りのお店は数多く在りますが、優良買取り店などの情報の詳細は、此処から確認!がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です